アトピー、アレルギーの対策方法

アトピーの対策方法

 

医療機関では主に以下の治療や薬が処方されています。

 

・ステロイド
・タクロリムス外用薬
・抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬
・保湿外用薬
・シクロスポリン内服療法
・漢方療法

 

特にステロイドは最も一般的で有名な治療法ですが、皮膚萎縮、皮膚感染症の誘発、毛細血管拡張などの副作用もあるため、嫌がる方も数多くいらっしゃいます。
抗ヒスタミンや抗アレルギー薬等の内服薬も効果はあるとされていますが、眠気やだるさ、便秘や排尿困難といった副作用があります。
内服薬よりは副作用が少ないと言われるステロイドですが、「脱ステロイド」「脱ステ」という言葉も多く使われており、サプリメントや免疫力を上げる対策を取られる方も多いです。
副作用がどうしても、、、という方にはサプリメント等での対策をおすすめします。
また、アトピーには清潔さと保湿が必要と言われています。
アトピー性皮膚炎の肌はアルカリ性の肌に傾きやすく、黄色ブドウ球菌が増えアトピーが悪化する恐れもありますので、皮膚のバリア機能を低下させないように汗などをしっかり洗い流し、その後に保湿等のスキンケアをすることがまず必要と言えます。