子どものアトピーの原因と症状

子どものアトピーの原因と症状

 

子どものアトピーはどのような原因や症状なのでしょうか。

乳幼児はとくに皮膚が敏感で、乳児期には食物アレルギーが関係することもあります。乳児では症状が2カ月以上、幼児期以降では6カ月以上続く時にアトピーと診断します。国内の小児の2割近くにアトピー性皮膚炎がみられ、現在では決して珍しいものではなくなっています。

また、成長にともない症状が軽くなっていくことが多いのも子どものアトピーの特徴です。喘息やアレルギー性鼻炎などのアトピー疾患の合併がしばしばみられます。

 

・子どものアトピー性皮膚炎の原因
乳児期:乾燥肌に対して、よだれや食べこぼし、涙、衣服などとの摩擦が原因になります。卵白や牛乳などの食物に対するアレルギーのためにかゆみや紅斑(こうはん)、蕁麻疹などによって症状の悪化がみられることがあります。

幼児期~学童期:汗や土が刺激になりやすく、空気が乾燥する冬と汗をかきやすい梅雨から夏にかけて悪化しがちです。皮膚をかく刺激も皮膚炎の大きな悪化の原因になります。

 

・子どものアトピー性皮膚炎の症状
乳児期:生後2カ月目ごろから、頬や口のまわり、頭部などにかさぶたのついたじゅくじゅくした皮膚炎がみられ、次第に首から胸部、肘や膝の内側にも同様の症状が広がっていきます。耳切れもよくみられます。顔の紅斑は1歳過ぎまで続きますが、その後次第に軽くなります。

幼児期~学童期:首、腋の下、肘や膝の内側にかさかさした皮膚炎がみられるとともに、体幹とくに側胸部に鳥肌のように毛穴が盛り上がった、いわゆるアトピー肌がみられ、とくに冬季には肌が全体に乾燥して粉を吹いたようになります。慢性的にかくために皮膚は厚くごわごわしてきます。


お勧めアトピー専用
サプリメントランキング
1位:アレルナイトプラス

満足度87.5%の実力!
アレルナイトプラス
2位:米のしずく
乳酸菌LK-117がサポート
米のしずく
3位:アレルケア
身体の中からバランスを整える
アレルケア
4位:ノアレ
KW乳酸菌がサポート
ノアレ
5位:プロディア
プロテクト乳酸菌で跳ね返す!
プロディア
アトピーについて
口コミについて
おすすめのアトピー情報サイト